まわりの感情の渦に影響を受けないようにするには

日々のこと

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

今日、用事があって
ある街に行ったんですが

ちょっと欲しいものがあって
100円ショップに寄ったんですね。

そこはすごく狭いお店に
ものがひしめき合っていて

通路は人がすれ違うのが
やっとでした。

で、
40代くらいの男性と
鉢合わせになったので

手前で止まって
避けていたんですね。

ですが
その男性
「お前が先に行け」
という態度(顎を使う)を示したんです。

もうしっかり溝のようなところに
避けていたので
私が進む方が
細い道で通りにくい状況でした。

ですが
その圧に負けて
仕方なく
私が動いたんです。

ですがその人
私が近づいても
まったく避けようとしないので
案の定
商品にぶつかり
いくつか落としてしまいました。

慌てて商品を拾ったのですが
その男性は
とっとと行ってしまいました。

なんだか
カチンときて
「なんなの?」
と男性の後ろ姿に
ガンを飛ばしていました。

その後、とりあえず
無事買いたいものを買い
その場を去ったのですが
なんだかモヤっと
腹の立つ感覚が残りました。

で、なぜか
その後も
関わる人みんな
神経が苛立っているような
雰囲気を醸し出している人が
多かったんです。

そういう感覚が積み重なると
緊張してきます。

しばらくは
それが
自分の感覚だ
と思っていたのですが
途中で
自分というより
世の中に蔓延している
表立って表現できない苛立ち
のようなものだと思ったんですね。

なのでとにかく
自分のものではない
とはっきり区別することにしました。


その感覚に影響されて
さらにその感覚の渦を
増大させるひとりになるか
影響されずに
自分のペースを大切にできるかは
こういうちょっとした
感覚に意識的になることから
始まる気がします。


自分で気分を選択していくことに
意思の力を発揮していきたいなと
あらためて思ったのでした。


ではね🤗🤗🤗!






ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました