愛の補給の大切さ

日々のこと

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

今日は朝から
細々(こまごま)した用事が入り
気がついたら夜になっていました。

本当はゆっくり
本を読みたい
ブログ書きたい
景色を眺めたい
カフェで一息つきたい

そんな気持ちをずーっと抱えながら
ネバベキな用事をこなしていて

気分は
「本当は○○したいのに
していない自分」
というモヤモヤ状態でした。

やっとひとりになれて
あるべきものを
元の位置にもどしましたが

まだ気持ちは
トゲトゲして
バチバチした
いやーな感じでした。

でも
とにかく座って

窓の外から聞こえる
鈴虫の声に耳を澄ませ

風を感じて
深呼吸をしたら
やっとちょっと落ち着いてきました。

それから
ある方のブログを読んで
やっと安心感みたいなものを
感じてきたんですね。

そこに

地球では知られていないが『愛』とは生きるために必要な必須栄養素の1つ。

ゆたかブログ「実話小説【生まれ変わったら、そこは異世界だった】第18話 教育と調教の違い」より

と書いてあって
なぜかとても腑に落ちたんです。

なぜ今
バタバタしているこの状況と
この文が
シンクロするのか
よくわからなかったのですが

1日を振り返って
愛とかまったく忘れていた感じが
今日という1日を
作り出していたような気だけはしました。

で、さらに読んでいったら
リンク先に以下のようなことが書いてありました。

地球で知られていないのが【愛】に関してです。
愛の欠乏時の補給方法は、まるで知られていません。
人間の必須栄養素は食べ物と飲み物だけでは補いきれないのです。
人間は、肉体だけの存在ではないからです。
それプラス心があるので、心の栄養も欠かせないものなのです。
たとえば、心の冷えきった家庭でどんなにお腹いっぱいに食べたとしても、
心までは決して満たされないでしょう。
それは、愛が無い環境だからです。
それなら、あなたを温かく迎え入れてくれる環境で食べた方が
心の満足度は高いはずです。
たとえ、量的には少なかったとしてもね。
人は、安心出来る環境でしか寛げないからです。

リラックス出来る充分な時間と環境が無いと、心の栄養失調を起こすので確実に病んでしまうのです。

それを、向精神薬や菓子類、特に甘い物で紛らわせている人は多いはずです。
そんなものでは、心の栄養にはなりません。

心の欠乏を埋めることが出来るのは、心だけなのです。

同じものでしか、埋まらないのです。
地球では、代替品で一時しのぎを繰り返しているだけなのです。
いや、ニセモノと言った方が適確かも知れません。
何ごともそうですが、根本的解決を考えていないのです。
だから、何一つ解決した試しが無いのです。
愛を埋めることが出来るのは、愛だけなのです。

ゆたかブログ「心の栄養失調」https://yutakasakurazawa.blog.fc2.com/blog-entry-1072.html(太字赤字は真辺による)

今日の自分が
なんでこんなにザワザワしていたのか
わかったような気がしました。

心の余裕が全然なかったんですね。

愛って言葉を
安易に使うのが
なんとなく
気恥ずかしかったり
ちょっと浮世離れした人扱いされそうで
躊躇ってしまいますが

言葉にしなくても
心でちゃんと
愛を確認するのって大切だと思うんです。

愛って
余裕がないと
湧いてこないですよね。

意識しないと
使えないですよね。

渦中にいるときは
忘れがちですが
ゆっくりする時間を見つけて

その日のうちに
愛の補給をすることって
大切だと思うんです。

これをしないで
ただ眠るだけじゃ
エネルギーを補給しきれなくて

次の日、
また余裕のない1日が
繰り返されてしまう気がします。

まずは愛の補給。

それが
新しい明日への活力になっていくと思うのです。



最後まで
お読みくださり
ありがとうございます。

今日も素敵な1日を
お過ごしくださいね。

ではでは!









ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました