刺激は小さいほうがいい

マインドエクササイズ

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

今日はクリスマスイブですね。

キリスト教徒ではありませんし
娘が大きくなった最近は
家で特別なイベントをするわけでは
ありませんが
街のクリスマスイルミネーションがキラキラしている
街並みを眺めるのは好きです。

クリスマスの経済効果って
すごいんだろうな、と思います。

景気を促進するのには
人の欲をどれだけ刺激できるかだ
と聞いたことがあります。

クリスマスにかこつけて
さまざまな欲を
刺激できそうです。

ですが
欲って
終わりがないですよね。

どんなにいろいろなものを
もらえても
楽しいイベントを経験しても
欲にたよっていたら
本当の満足感は
満たされません。

例えば食欲というのは
食べてお腹いっぱいになれば
一時的に
満たされますが
しばらくすると
また何かを食べたくなりますよね。

物質欲も同じで
一時的に満たされても
また欲しくなるものなのです。

不足感は
欠乏感を生み
欠乏感は
不満を生みます。

本当の満足感とは
欲を刺激されても
反応しないくらい
確固とした「存在」でいることによって
感じるものではないでしょうか。

それは
野生のライオンが
お腹が満たされているとき
目の前にシマウマが通っても
襲わないのと一緒です。

「節度」
が大切だと思うんですね。

節度をもてる
存在になるには
常日頃から
小さなことに満足する気持ちを
育てることがポイントです。

小さなことに満足できると
大きな刺激を必要としなくなります。

ひとりひとりが
そのような精神を育てれば
地球はさらに
ボトムアップしていくんだと思うのです。

ではね🤗🤗🤗!




ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました