あらゆる問題を作り出しているのは、、

日々のこと

先日
「ゆるすということ」について
友人と話したというブログを書いたのですが

偏った考え方をしていることに
気づくことが「ゆるし」だと言われても
やっぱり
偏った考え方をして
自分を責めたり
ダメ出ししたりしてしまいます。

思考的になりすぎているんですね。

こういうとき
感覚に意識を向けると
安全地帯にいるように
ホッとした気持ちになります。

考えすぎているとき
五感に意識を向けるのです。

五感と言っても
触覚が
やりやすいと思います。

視覚と聴覚は脳と近いので
すぐに思考が湧きます。

座っている椅子の座面と
お尻の接触点に意識を向けてみます。
言葉が出てきたら
また感触だけに意識を向けるのです。

そのあとで
匂いや聞こえるものに意識を動かしても
大丈夫です。

しばらくその感覚に
集中していると
とても落ち着いてきます。


そのとき、
「あらゆる問題を作り出しているのは
自分以外の誰かや何かじゃなくて、
自分自身の考え方だった」
って気づけたりします。


自分の中が平和で穏やかだと
自分や誰かを責めようとか
思えません。

そうすれば
自分が素直にやりたいと思うことを
シンプルにできるようになる気がするのです。

ではね!



ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました