最近の大ヒット映画から学ぶこと

おススメ映画・動画・本などなど

先日、映画『TENET』をDVDで観ました。
クリストファー・ノーランさんの作品は
個人的に好きだったので
楽しみにしていました。
ですが、今回のは何か政治的なものを
背後に感じたのは私だけでしょうか。

洗脳手法的なメッセージが
たくさん散りばめられているような
気がしたんです。

十年ほど前、
ある有名な認知科学者のワークショップ
通っていまして
人間心理とか洗脳について
いろいろ学んだ時期がありました。
当時は見事に自分が洗脳されて
結構なお金を投入してしまったのですが、
最近になって
やっと当時教えていただいた
人間の行動心理や洗脳の仕組みが
見えるようになってきた気がします。

で、『TENET』なのですが
まず観ている側は
逆回転で撹乱させられます。
人間は、何が何だかわからないけど
わからないのは嫌
(恥ずかしい・プライドが許さない、など)なので
何か糸口を見つけようとします。
わかったふりをするのです、自分自身に。

大音響の爆撃砲火の中、
バッタバッタと人が殺され、建物が破壊されます。
時間の逆回転と大音響
混乱状態マックスになります。
そこで
一瞬の静寂。そして
「CIAが第三次世界大戦を回避するのだ」
とセリフが入ります。
CIAはヒーローだと刷り込まれます。

混乱の中、一瞬静かになると
人間はトランス状態に入るのだそうです。
トランス状態は車でいうニュートラル状態で
ドライブにもバックにも入れる状態、
つまり定まっていない状態なので
その時に何かメッセージや方向付けをされると
そのまま素直にシフトチェンジしてしまいます。
満席の映画館で突然「火事だ!」と叫ばれると
一瞬頭に空白ができますよね
次に「こっちに逃げて!」なんて言われると
深く考えず素直にしたがっちゃう
そんな感じです。

で、また『TENET』にもどるのですが
「CIAが第三次世界大戦を回避するのだ」
という静かなメッセージ。
これがわかったことになりがちなのです。
主人公からの
とてもシンプルなメッセージだからです。
そう思って、
この人たちヒーローだわ、なんて思っていると、
あれ、終わってしまった、、
そんな感じでした。

面白かったんですけどね。
意識的に観ないでボーッと観てしまうと
メッセージ埋め込まれる気がしました。

これからの時代
意識的に生きるのは
キーワードなのではと
思ったのでした。

洗脳を学ぶには
非常に参考になる映画です。
ぜひ意識的に観てみていただきたい
という意味で
おすすめ映画ですw

ではね!


ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました