恐れから逃げずに向き合う処方箋とは 1

マインドエクササイズ

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。


離れたいのに
さらに関係が強化される
「おんぶおばけ」
のようなエネルギーを
感じたことって
ありませんか?

クラシック・カートゥーンつれづれ草: おんぶおばけ(16ミリフィルム版)


嫌だなあ、
と思えば思うほど
ぎゅっと首を掴まれるような

「逃げたい
なんとかしたい!」

と思っているのに
さらに関わらなくちゃ
いけないことが起きてくる関係性です。

この渦中にいると
まるで
相手が追いかけてきているように
感じますが


逃げれば逃げるほど
追い詰められて
動けなくなっているのは

別の何かから
逃げているからかもしれません。



人は『嫌い』が増えるほどに
そこを避けようとしますよね。

「あの人嫌い!」

「あの人怖い🥶」

「あの人苦手!」

つまり嫌いな人が増えるほどに、
避ける場面も増えていきます。

そうすると
自分の行動範囲も、
交流関係も、
狭まっていくのです。

逃げ続けていると
最終的には、
家からも出られなくなってしまうかも
しれません。

それは
自分が勝手にやっていること
なのかもしれないのです。

うしろを振り返ってみたら
誰も追いかけていなかったという可能性も
あるのです。

こんなことに気づいたら

嫌だな
と思う関係性に
関わる時の
自分のパターンを探ってみると
いいかもしれません。

ちょっと怒りを感じて
攻撃的になっていたり
大きく見せようとしたり
逃げようとしたり
死んだふり(小さく見せる)したりするパターンです。

これは
動物の防衛本能の一種で
このパターンはすべて
「逃げる」「守る」
という消極的な行動につながります。

つまり
これをやっている限り
行動範囲は狭まり続けるのです。

ガチガチに
自由が効かなくなると
それは
体や態度に現れてきます。

さまざまな病気や人間関係の破綻を
引き起こす可能性もあります。

そうなる前に
まずはパターンに気がついて
対策を取りたいですよね。

ネガティブから逃げる行為は
一番ネガティブなんです。

嫌なことから逃げている間は
嫌なまま
臭いものに蓋をしただけでは
臭いまま

です。

これと一緒で
現実逃避している間は
現実のままです。

結局
向き合うしかないんですね。

神社に行って
お祓いしてもらっても
スピリチュアルマスターに
ヒーリングしてもらっても

現実は変わりません。

恐れとは、
恐れているから怖いままなのです。

逃げているから、
逃げ続けるしかなくなるのです。


ではどうすれば良いのでしょうか?

続きます。

ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました