まだ何もわかってない☆3

マンガ投稿

前回の続き)
鬼って聞いただけで
怖いとか、地獄に連れて行かれそうという
マイナスのイメージが浮かびますが

鬼もいる場所によっては
良い役割をしてくれているものです。

仁王様は目をかっと開いて
鬼のような顔をしていますが
お寺の中に悪いものが入ってこないように
守ってくれるいわば守護神の役割をしています。

人間の体の中にも
悪さをするピロリ菌が入ってこないように
門番をしてくれているところがあります。

ある概念を
否定的にとらえて認識していると
ものを考えるときに
否定的に捉えるパターンを作ってしまいがちです。

「いろいろな見方がある」
「まだ自分は何もわかっていないかもしれない」
という認識を常に持つようにすると
「これじゃなくやダメだ」「ダメな○○は嫌だ」
という裁きが減って、結果として
生きる自由度も広がっていくのかもしれません。

ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました