まだ何もわかってない☆2

マンガ投稿

前回の続き)
たとえば
あるものが三角だ
ということを発見すると
三角であるという「正解」を
なかなか手放せなくなります。
そうすると
それ以外の可能性を
排除してしまいがちなのです。

それは結局正しさを主張する争いを招きます。

どれが正しいか
正しくないかは
時と場所、人や状況で変わってくるものです。

大切なことは
自分の価値判断を持ちつつ
「それが大きな絵の可能性であること」
「俯瞰した目線があるかもしれない」
「まだ何もわかっていないかもしれない」と
謙虚に考える姿勢、
だと思います。

なかなかできないですけどね。

一生かけて身に付ける
習慣だと思うのです。
少しでも身につくと
人生はるかに生きやすくなる気がするんですよね。

(「まだ何もわかってない☆3」に続きます)

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました