原体験が人格を作る ③

マンガ投稿

前回の続き)
鎧をつけながら話しているから
探り合い、様子見に意識がいく

それは嫌われたくない
うまくやりたいという意識の現れで
ベクトルが完全に自分に向いている
逆説的だけど
自分に意識が向いていると
本来の自分らしい話ができなくて
緊張した雰囲気は
相手にも伝わって
結果として
人はその緊張を察知して
距離を置こうとする

その仕組みに気がついたとき
初めて鎧をつけていたんだと気がついて
それは自分ではないんだと
気がつくことができる

そして初めて
脱ごうとするんだけど
慣れというのは恐ろしいもので
いきなり脱ごうとすると
潜在意識が現状維持させようとする

その仕組みに気がついて
ゆっくり進めることの大切さを学ぶのです。
ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました