まだ何もわかってない☆1

マンガ投稿

人間って
目の前に起きていることを
自らの価値観で
見る癖がついています。

もともとは
目の前のことが
自分にとって安全か危険かを
判断するために必要な機能だったのですが
その判断のために
目の前のことをそのまま見られなくなる
という副作用が出てくるのです。

たとえば
あるものが三角だ
ということを発見すると
三角であるという「正解」を
なかなか手放せなくなります。
そうすると
それ以外の可能性を
排除してしまいがちなのです。

「まだ何もわかってない☆2」に続きます)

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました