プログラムができるまで☆2

マンガ投稿

(前回の続き)
お腹から出てみたら
眩しくて
言葉もわからず
身動きも取れません。
その上
いきなり背中を叩かれて
肺呼吸させられ
唯一の命綱、臍の緒を切られ
安心安全の母親から
分断させられるのです。

こんな生まれる時の恐怖から
とにかく安心安全な場を
確保したいという欲求が生まれます。

そして本能的に
自分の味方は誰かを探すのです。

そして両親だと判断すると
安心安全でいるためには
愛らしいことが重要だと察知するのです。
(これ、『リロ&スティッチ』にも
でてきますよね)

それからこの世界で生きていくために
手っ取り早く
両親をモデリングして
生き延びようとします。

良い部分だけモデリングすればいいのですが
生まれて間もないので
良い悪いの概念がありません。

まずは丸のままモデリングします。
そして思春期(反抗期)を迎えるのです。
(入らなかった💦 
「プログラムができるまで☆3」につづきます)

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました