外に何かを求めてしまうということ

コーチングのこと

今日、
コーチングの
ワークショップを行った。

で、今日特に感じたのが

「目立ちたい」「有名になりたい」
「注目されたい」「認められたい」
「変わりたい」「爪痕を残したい」

今日はそれが散りばめられていたような気がする。

何かに向かわせるエネルギーって
本当に強い。

つまり「今の自分が嫌だからか足りてないから
何かに向かおうとしています」
と暗に宣言しているようなもの

ここでそんな自分を否定しては
またループにハマってしまう

何かに向かうエネルギーがあるから
努力ができるという側面を見る必要がある。

今は過剰すぎて
傷つけているようなもの。

アレルギーが
もともとは人体に異物が侵入すると
白血球がそれを感知して反応したときに起こる
拒絶反応のようなもので
人間の体を守る防衛反応の一種であるように。

自己否定しすぎたら
自分を傷つける。

軽い自己否定がないと
とんでもない人になってしまう。

このバランスを上手く使って

まずはそうなんだという現状を
受け入れるところからスタートする。

これができない集合意識の波がある。

私も足を取られるけれど
ひとりではやっぱり人はひとりでは
部分しか見られない。
お互いの見る目を補完し合う仲間は大切。
いろいろあるけど一緒に
一歩を踏み出し続けたいなと
思った1日だった。

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました