ざっくりとした自分だけの世界観を持とう

コーチングのこと

どの方でも
この人生で大切にしたい世界観
というのを
言葉にしておくことは
時代の変化の大きい現代において
とても役に立つと思います。



クライアントさんでジュエリーデザイナーの
Nさんという方がいらっしゃいます。

ホームページを立ち上げるにあたって
ある業者さんとお話をしていたら
「独自の世界観がみえてこない」
と指摘されたのだそうです。

そこで世界観作りの
お手伝いをさせていただきました。
(許可を取って書かせていただいています)

独自の世界観を
言葉にする際、
大切なのは
まずは抽象的なものにするということです。
逆に具体的すぎると
それ以外が入ってこなくなる可能性があるからです。

例えば
自分の世界観のトップに
「数字が好き」
という観念を持っておくのと
「7という数字が好き」
という観念を持っておくのでは

その裾野に広がる世界は
必然的に変わってきます。

トップに
「7が好き」とはめてしまうと
それ以外の数字が入ってきた時
どうしても
マイナスなイメージを持ってしまいます。
すると
世界観が限定的になりがちなのです。

では、漠然としているなら
世界観は必要ないのではと
いう方もいるのですが
漠然とした中にも
方向性は生まれ、
その塩梅が大切なのです。

例えば、
「熱い」なのか
「優しい」なのかでも
印象や目的地は違ってきます。
また、これがないと
浮草のようになって、
集合意識の波に飲まれてしまいます。

気がつくと
思っていたことと違うところに
行き着いてしまう
ということが起きてしまうのです。

Nさんは
今のご自身にしっくり来る言葉を
見つけられたようで
見た目にも、
体に通る軸が太くなったように感じました。

世界観はその人の持つ雰囲気も変えるなあ、
と思ったのでした。

自分の人生で
独自の世界観をきちんと言葉に残し、
充実した毎日を過ごしたいですね。

ではね!















ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました