思考回路も自分の一部

意識・無意識・プログラム


最近、
自分の思考回路を変えようと
いつもの思考パターンに気づいたら
別なことを考えるようにしていました。

ですが
続けているうちに
辛くなってきたのです。

できない自分はダメなんだと
責めてしまうのです。

もともとやりすぎてしまうところがあり
こういうことを繰り返しては
キツくなってやめていました。

ある方にその話をしたら
「真面目に考えすぎよ。
生真面目なことってジャッジを作るだけ。
自分で自分を裁く人は
結局その基準を無意識に外にも向けるから
態度には出さなくても
心ではあの人もこの人もダメって思っているもの。
そんな中に愛は生まれないの。
つまり、人間関係が表面的になるわけ。
愛や優しさは生真面目な中には生まれないの」
と言われました。

たしかに
自分はとりあえずおいておいて
生真面目な人を見ていると
本人は一生懸命やっているだけなのですが
見ている側は
居心地が悪くなってきます。
自分がジャッジされている気分に
なるからです。

ですが
思考回路は
ある程度矯正していかないと
変わらない気がします。

これは歯の矯正と一緒かもしれません。

噛み癖がついていると
その状態が楽ですが
噛み合わせが悪いまま
過ごしていると
体調に影響するようになってきます。

矯正装置をつけた直後は
元に戻ろうと
痛みで訴えますが
一度位置を矯正されると
そのほうが体にも良いことに
体が気付くのか
抵抗がなくなります。

しかし、矯正装置も
一足飛びに
理想の歯形に
矯正すると
周りの筋肉がついていけなくて
体がおかしくなるそうです。

そのために
数年かけて
計画的に矯正していくわけです。

生真面目にやることは
無理矢理
理想の形に矯正するようなもの
かもしれません。

それって愛がないですよね。

思考回路にも
愛をおくりながら
ゆっくりすすめたいなと
思ったのでした。

ではね!












ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました