孤独を楽しむ勇気

サンクスギビングワーク

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

今朝、VRミーティング
「孤独」について
掘り下げてみました。

孤独って
言葉の意味を調べると
とても暗くなるような意味ばかり並んでいるんですね。

孤独[名・形動]
仲間や身寄りがなく、ひとりぼっちであること。思うことを語ったり、心を通い合わせたりする人が一人もなく寂しいこと。また、そのさま。「孤独な生活」「天涯孤独」
 みなしごと、年老いて子のない独り者

(デジタル大辞泉より)

ですが
孤独の価値を考えてみると
それほど悪い意味ではないような
気がしました。

孤独だから
自由に行動できたり
ノイズが少なく集中できたり
独自の世界観を展開できたり
主体的に生きられたりします。

孤独がなかったら
やりたくないことを
やらなければならないかもしれないし
同調圧力に影響を受けやすくもなります。

とても依存的になっちゃうんですね。

でも孤独じゃないって
安心できますし楽ですよね。

どちらにも
独自の価値があります。

どちらを選ぶかは
自由ですが
選んだら
選んだ方の価値を
しっかり受け取って
楽しむぐらいの気持ちで
いたいですよね。

それにしても
VRミーティングって
不思議な感じです。

内閣府がさりげに掲げている
ムーンショット計画を
きちんと考える良い機会かもしれません。

それについては
また後日
書きたいと思います。

ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました