幸せは、今感じるもの

おススメ映画・動画・本などなど

先日のYahoo!ニュースに
このコロナ禍の影響で
新しいことに挑戦する人が
減っているという記事が出ていました。

何か始めるには良い季節ですが
どうしても家にこもりがちになるので
仕方がないかもしれません。

そんな折、
「Lost Horizon(失われた地平線)」
という映画を見ました。

1937年の映画で
なんと第二次世界大戦前!

108分にカットされた映画を
オリジナル版に戻すために
関係者の方々が奔走され、
音声はなんとか137分のオリジナル版に戻したのですが
7分間だけ映像がない部分があり、
音声は流れるけれど
出演者の販促画像のみの部分がある
という作品なのですが、
関わった全ての方々の
並々ならない努力と熱量がこもった
近年にない
エネルギーのある映画でした。

この作品には
桃源郷という
この世の楽園のような場所が
出てきます。

主人公は一度そこを出るのですが
どうしても忘れられず
戻ろうとして
我を忘れてしまいます。

これを見ていて
私たちも
同じようなことを
してしまいがちなのではないかと思いました。

楽園ではなくても
今の幸せがずっと続いてほしい
という幻想を抱いてしまいがち
だと思ったのです。

私たちは
小さな幸せでも
一旦幸せを手に入れると
それがずっと続いてほしい
と思ってしまいます。

するとそこに執着して
次の可能性が用意されていても
エントリーしなかったり
見逃してしまったりして
チャンスを逃してしまうことがあります。

幸せとは
心の状態であり
正確に表現すれば
幸せ「感」という
一種の感情です。

感情は川の水のように
絶えずその模様を変化させ
揺れ動くものです。

おかれた環境の中で
瞬間瞬間に出会う仲間の笑顔をみたり
景色を眺めたりする中で
幸福感は得られるのです。

ゴールの瞬間には
達成感という
強い幸福感を得られるかもしれませんが
すぐそのあとに
新たな展開が待っています。

この過程において
新しい幸せを味わうことが
できるかどうか、
人生はその連続でできている気がします。

「幸せは
 追い求めるものではなく
 今、ここで感じるもの」

幸せの幻想にしがみつくのではなく
日々、新たな幸せとの出会いを
楽しめるようにしたいと思ったのでした。

外出がしづらいこの週末に
映画から
エネルギーを感じてみては
いかがでしょうか。

ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました