不安な思考や感情はどこからやってくる?

マインドエクササイズ

最近、天気が安定しなかったり
コロナ禍の影響で
自由に出かけられなかったり
といったことの積み重ねで
心に不安な思考や感情を
抱えている人が増えていると言われています。

そんな話を聞くと
人はラジオの受信機のようなもので
特定の周波数を受け取れるように
できているのではないかと
いつも思ってしまいます。

もともと核のようなものを
もって生まれてきて
そこに両親や周りの環境から得た
さまざまな価値観(装置)を取り付け
ひとつのラジオができているように感じるのです。
(真珠貝にも似てるかも)

そのラジオは
装置により
受信できる周波数が違います。

一旦作ってしまうと
拾える周波数を変えるのは
なかなか困難で
もう飽きてしまった古典的なお笑いや
昔を懐かしむ懐メロや
そこで議論しても仕方がない討論会しか
聞けません。
たまに
新しい周波数を拾えるようになるのですが
もともと
恐怖という核が強いと
それベースの周波数しか拾えないのです。
恐怖を煽る保険や
若くあることを意味のあるように思わせる
情報番組やコマーシャルばかりをキャッチします。

拾える周波数体を変えるには
本体を解体するのが一番なのですが
ラジオが自分だと思っているので
壊されることは
アイデンティティクライシスを起こし、
精神を病んでしまう可能性があります。

では拾える周波数体を変えるには
どうすればいいのか。

まずは
拾った周波数は
拾っただけで
ラジオ(自分)本体ではない
と気づくことです。
これを自分自身が考えていると
思っている人が非常に多いと思います。

周波数が合うと
気持ちがいいのですが
よく精査してみると。
本当に合わせたい周波数か
かなり疑問です。

それから
周波数を選べるとしたら
自分はどんな周波数体の
どんな話、音楽などなどを
聞きたいのか、
どこにいたいのかを
明確にしておくことも重要です。

違う周波数だと気づいたら
そこに合わせないようにしていきます。

ここが少し我慢のしどころですが
自分がこの周波数体がいい、と決めれば
いつか必ず
キャッチできるようになります。

また
一回キャッチできて安心するかもしれませんが
すぐには安定しません。

何度も何度も合わせていると
その周波数体に
簡単に合わせられるようになってきます。

そのとき
自分が不安になる受信機しか
持っていなかったのだと
気づけるようになり
選択できる意思力が
鍛えられているのです。

こんな時こそ
意思力をつける練習だと思って
過ごしたいですね。

ではね!







ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました