どうしたら穏やかに生きられるようになるの?

マインドエクササイズ

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

最近、昔の私を知っている人と
久しぶりに会うと

「穏やかになったよねー」

と言われることが増えました。

自分ではあまり自覚がありませんが
最近特に言われるので
そうなのかもしれないなと
認めるようにしています😅

穏やかになったかは別として
感情の起伏が激しくて流されやすかったのが
その時間が短くなったというのは
確かにあるかもしれません。

いつも何かに怒っていて
爆発することもよくありました。

とはいえ
今でも感情の起伏は激しいんですね。

ではどうして
穏やかに見えるんでしょう。。


これは
「戻ってくるのが早くなった」
ということに尽きると思うんです。

毎日いろいろなことがあって
今でもすぐに感情的に反応します。

それでも前に比べれば
戻るのが早くなったんです。

反応しては戻るーー。

これを瞬時に繰り返し、続けていると
外からは

 ”反応してない人”

のように見えるんだと思うんです。


感情に流されて
怒りに任せて怒り続けることは
自分にとっても
相手にとっても
いいことはありません。

怒っている自分と
理性的に呟く自分が
内面で混在しながら
胸の辺りがモヤモヤする時

昔は怒りに任せる自分が
その感情を出し切っていました。

でもそれだと
心の中は焼け野原になって
外の世界は誰もいなくなってしまう
ことに気がついたんですね。

その不毛さが馬鹿らしくなり
少しずつ普段の自分に戻るのが
早くなっていったんだと思うんです。

今でも瞬間的にカッとすることはありますが
戻ってくるのが
本当に早くなってきたなと感じています。

それは

「本来の自分ではないような
 言動を取ってしまったとしても
 戻ってくれば大丈夫」

と自分にオッケーを出せるようになったのも
大きいと思います。

そう思えると
感情が出ることを否定しなくなります。

と同時に
感情のままに振る舞っている自分を
そのままにしておくことの害にも
すぐ気づけるようになるのです。

これは
「そもそも反応しない」とは
根本的なところが違うんです。

「反応しない」は
抑圧させているのか
麻痺させているだけだと思うんですよね。

つまり

反応しない=穏やかな人

ではなく

戻るのが早い人=穏やかな人

なのではないでしょうか。

「反応しない人」
ではなく

「戻るのが早い人」へ

日々、
そんな気持ちを
忘れずにいたいと
思ったのでした。

最後までお読みくださり
ありがとうございます。

今日も素敵な1日を
お過ごしくださいね。

ではでは!




ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました