あなたは私

マンガ投稿

先日カフェで
おばさまが大きな声で話していた。

そういうことに気づくということは
自分もそういうことをしたことがあるからだと
ある脳機能学者の方がおっしゃっていた。
「自分の脳内にないことは
認識ができない(気にならない)」
のだそう。

ずっと話を聞いていて
「別にええやんそんなこと」
と思った途端
自分もそういうこと
大声で語ったことがあることを
思い出した。

そんなことを考えていたら
急に隣のおばさまが
押し黙った。

「聞かれてる」と思ったのか
よくわからないけど
「何話しても私の勝手でしょ」
って声が聞こえた気がした。

どんな噂話も
余計なお世話

そこに首突っ込むのは
エネルギーの無駄遣いかもしれない

と思ったのでした。

ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました