日常こそがすべて

マンガ投稿

講座・セミナーの時間、
瞑想の時間、
個人セッションの時間だけを
真剣に過ごしていても、

日常のほとんどが無意識であったり、
確固とした意図も無くて、
ただ惰性で生きていたら、

結局のところ何も変わらないなと
思うことがあります。
日常こそがすべてだと痛感するのです。

そういう自分も
油断すると
同じようなことを
ぐるぐるぐるぐる
何度考えても
変わらないよ、ってことを
頭の中で
こねくり回してしまいます。

まずは目的意識
明確にしておかないと
つい流されます。

ここで質問ですが

日常において、
「多くの時間」をかけている
思考・感情は何でしょうか?

「多くの時間」を
どんなエネルギーで過ごしていますか?

どんな氣を
発していますか?

それがあなたの「雰囲気」になるのであり、
同類のものを引き付ける「磁石」になるのだということに
しっかりと自覚を持つことは
実はとても大切なのです。

人生とは日常の積み重ね
一瞬一瞬の連続でできています。

どんなエネルギーであれ、それがあなたにとっての
「日常で(人生で)やっている(やりたいこと)」
だという自覚を持つことは重要なのです。

それを「氣 + 持ち」と呼ぶのであって
そんな意識で日常を過ごすことは
人生を豊かにする第一歩だと思うのです。

また人間は何かを思考していたいので
常に何かを持っていないと
「手持ちぶさた」になります。

無意識でいると
不安・恨みなどを
すぐに持とうとします。

そんなとき
目的意識をしっかり持って
いつもの思考に戻りそうになったら
目的に意識を向け直すと
流されにくくなります。

世の中の流れが
大きくなっている今だからこそ
日常を使って
流されない練習をしたいですよね。

ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました