今までやってきた自己啓発やらスピリチュアルやらは自分にどのように影響しているのか

プロフィール

今から約18年前
娘が生まれて
その娘が小麦アレルギーだったり
川崎病だったり
いろいろなことがありました。

そして育児しながら
客室乗務員もしていました。
仕事でもいろいろあり

身体にも不調の部分が出てきたり

自分の親との関係も
いろいろあり

夫婦関係でも
いろいろあり。

そんなこんなで
現実を何とかしたい
という一心で
自己啓発やらスピリチュアルに
はまっていきました。

「透視能力セミナー
 ヒプノセラピー
 引き寄せ系のセミナー
 ヘミシンク
 某有名洗脳心理学セミナー
 外人(R,E,Jなど)の高額セミナー
 キネシオロジー
 マインドフルネス
 陰陽道
 内観療法
 NLPも数知れずいろいろな流派
 合気道(をここに含んでいいのか)
 ヨガ(もここに含めとくか)」

ほんっとに
お給料の何割かを
そのままつぎ込んで
トレーナーレベルに達したものも
ありました。

10年前
あるセミナーに参加するようになってから
落ち着きまして

現在では
まったくそういうものに行ってません。

今でもいろいろあるのですが
その質が変わってきたと思います。

今はそんなこんなを味わい深いと
感じるようになりました。

過去のセミナーのことを振り返ってみて
気がついたことがあります。

それは
「ないものを埋めようと
外に求めても
ないものは埋まらない

それは
底のない容器に
知識を入れているようなもの」

だということです。

これが実感できたことは
大きいです。

頭でわかるのではなく納得する、
その意味がわかっただけでも本当に良かったです。

ですが、そこまでしないと
気づけなかったのか!
というくらい
時間とお金をかけてしまったと思うのが
正直なところ。

そのお金に関する概念も
だいぶ変わってきました。
無料は違うし
お得も損も格安も
考え方次第なのです。

そんなこんなを
このホームページやコーチングセッション
ワークショップなどで
少しずつ
お伝えしていきたいと思っています。

ではではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました