つい忘れちゃって☆2

マンガ投稿

(前回のつづき)
当然みんなに爆笑されて
成績の話は
吹っ飛んだらしい。

高校生の娘にとって
それは人生の強烈な恥部。

だけど半世紀生きた母にとっては
クスッと笑えるイベント的な話

「そういうのいらないから」
と言われ
「ほかにはないわよね」
とすごまれる。

「ないない」
と言ったけど
結構ほかにもあったような。。

ひとつひとつのエピソードを
それぞれの視点で
心の引き出しに入れているけど
そのときは
嫌だった思い出の引き出しに
入れたものを
楽しかった思い出の引き出しに
入れ直したり
できるといいよね。

ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました