主体的に生きられると外部の影響を受けにくくなる

マインドエクササイズ

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

昨日のブログ
「これからどうなるのだろう」
という考えは
依存的だというお話をしました。

これって
結構色々な場面で
やっているんです。

例えば
過去のあるシーンを
自分で思い出すのと
たまたま流れてきた歌をきっかけに
思い出すのとでは
感覚が違いますよね。

ある道を通ったら
自然と過去のあるシーンが
思い出された
とか

あるコマーシャルを見ていたら
急にサプリメントを飲みたくなった
とか

自分の意思で考えるのと
外部の何かの影響で考え出すのとでは
感覚が違います。


外部の何かによって始まった思考は
自動反応で
思い出さされています。

無意識なので
楽ですが
主体的とは言えないですよね。

こうやって
外の情報ばかりに
振り回されていると
それが当たり前になって
自分で考えるということが
面倒になっていくのです。

そうすると
ますます流されやすくなるーー。

こういうパターンができてしまいます。

楽なのですが
外部にある不安や恐怖や怒りといった感情にも
飲み込まれやすくなるのです。

世の中って
怒りや恐怖を煽る情報が
溢れていますよね。

そこにひっかからないためにも
主体的であるということは
大切なんです。


自分の意思で考えることと
外部の何かの影響で考え出すことの
違いに気づくことが
第一歩です。

気づかなければ
止めることはできないからです。

そして
それは自分なのか
本当に今、その過去の出来事を
思い出したいのかを確認します。

思い出したいわけではないのなら
考えるのをやめます。
ここが少し
難しいのですが
私は
「考えても仕方がない」
と言葉に出すようにしています。

そうすると
結構その思考パターンから
離れやすいです。

これを繰り返していると
外部のものに
流されにくくなってきます。

人混みの中で
何時間も過ごしても
疲れにくくなります。

影響を受けにくくなるんです。


「なんの影響も受けない人ほど
           強い影響力を持つ」
              by ゆたかブログ

強い影響力もいらないですけど😅、
ブレずに自分の生きる道を
楽しんでいきたいですよね。

ではね!


ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました