歌詞も捉え方だと思った件

おススメ映画・動画・本などなど

みなさま 
新年明けましておめでとうございます。

毎年年末年始は
夫の実家で過ごしていて
今日も元旦から
近くのスタバでこれを書いています。

で、年末は義母と
紅白を見るのが恒例なんですが

昨年(昨日)の紅白は
なんだか例年にも増して
おどろおどろしい演出が多かった気がするのは
自分だけでしょうか。

そして私の好きな風さんも

なんだか魔的な雰囲気に振り切れていました。

うーーーん、『grace』歌ってほしかった。。
(あれもPVはちょっと「あれ」ですが)

『死ぬのがいいわ』という曲を
披露していたのですが
単純に歌詞を聴くと

あたしの最後はあなたがいい
あなたとこのままおサラバするより
死ぬのがいいわ
死ぬのがいいわ
三度の飯よりあんたがいいのよ
あなたとこのままおサラバするよか
死ぬのがいいわ
死ぬのがいいわ

「死ぬのがいいわ」by藤井風


女性(または男性)が「恋人と別れるくらいなら
死んだ方がいい」と思っている

みたいに受け取れるんですね。

でも風さんは
「恋人と別れる」ではなく
「自分の中の大切な自分と別れる」という隠喩を込めて
書かれたらしいんです。

歌詞に出てくる「あなた」の意味

守りたい自分の中の大切な自分。

それを忘れてしまっては死んだも同然みたいな
意味合いで書かれたそうです。

なんだか深いですよね。

ついルールに流されて
人間としての優しさとか愛みたいなものを
選択できなくなったり
人と同じ行動を深く考えずにとってしまったりして
本当の自分というものを
見失いそうになる時があります。

そんな自分に
「喝」を入れるような
意味なのかなと思いました。

歌詞も
捉え方によって
全然違う解釈ができるんですよね。

恋人と別れるなら
死んだ方がマシ
とも取れるし

大切な人間としての尊厳を見失いそうになった時
導きの明かりを灯してくれる
とも取れるわけです。

この説明を
曲紹介でしてほしかったなあと思います。

捉え方の幅を広げるにも
こういう説明を知っておかないと
選択ができないですよね。

まずは知ること
そして捉え方で
人生いかようにもなることも
知っておくことが

色々な情報が
溢れかえる世界で
大切な処方箋のように思うのです。

というわけで
新年早々
ちょっとおどろおどろしくなったので

私の一番好きな動画を
貼っておきたいと思います。

むっちゃ、ほっこりします😀

というわけで

今年も皆様にとって
素晴らしい一年であることを
心からお祈りしております。

今日も素敵な1日を
お過ごしくださいね。

ではでは!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました