小さなことと大きなことはフラクタル

日々のこと

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。


人は
つい無意識に
大きな幸せ(地位や名声を得るとか
有り余る富を手にするとか)
を望もうとして
それを得ていない現実との
落差に落ち込むことがあります。


プリキュアとか戦隊モノとか
ディズニーアニメなどを
幼くて吸収の良いお年頃に
繰り返し見てきた影響で
劇的な変化や大きな幸せを手にする願望が
心の奥底に
標準装備されているんですね。

ですが
実際に大きく変化しそうになると
途端に怖くなります。

今度は現状維持したい
変化したくない
という沈んでいる別の観念が
浮上するからです。

この正反対のものが
お互いを引っ張りあって
現状維持をしているのです。

これでは
いつまでも
シーソーゲームを繰り返して
終わってしまいます。


実際は
小さなことを
大切にすることが
大きく変化するには
大切なのです。

時間はかかるように見えますが
小さなことの積み重ねで
人間は大きく変化するのです。


朝、少し早く起きてみる

朝ごはんをゆっくり味わう

好きな音楽を楽しむ

朝の散歩で生命の息吹を感じてみる

こういう小さなことが
自分の気持ちを
優しく、豊かにしていきます。

ですが
同時に
逆の小さいことも体験していきます。


小さな小指のささくれが痛む

小さな約束を破ってしまった

心無い一言を言われた、言った

小さなことで
人間の心は
ざわざわするのです。

いいことも悪いことも
小さなことの両方を
俯瞰して眺めてみると

少し大きな自分の存在に気づきます。

そんな視点に立てたとき
この小さなことを感じる力が
実はとてもパワフルだと
気づくことがあるのです。

人は小さなことを感じることは
取るに足らないことだとか
大したことがないことだと
思い込んでいる節があります。

実は
この小さなことを感じる能力が
大きなことを成し遂げることに
繋がるルートなのです。

人間はいきなり大きなことをするのは
怖いのです。
現状維持をしようと
潜在意識が動いてしまいます。

ですがもちろん
潜在意識は自分の味方です。

目標を実現したければ
潜在意識を味方につけるのは大前提なのです。

目標を決めたら
意識して
小さなことを
大切に過ごしてみてください。

初めのうちは小さなことを
積み重ねていても
意義をあまり感じないかもしれませんが
あるとき、ふと振り返ると
自分の辿った道の後に
自ずと大きなものが浮かび上がって
くるようなものなのです。

そうなったときに
いつのまにか
大きく変化していることに
気づくかもしれませんよ。

ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました