対立思考をやめるには

日々のこと

最近、道を歩いていると
たまーに
Mちゃんをしていない方をみかけます。

男性、女性、様々ですが
何か同じ雰囲気を
持っている気がするんです。

こちらの思い込みかもしれませんが

「おまえらまだ不織布つけてんのか」とか
「自分は目覚めた人間だ」

と思っているのではないかという
感じがするのです。


自分も同じように
つけないでいるときは
「みんな気付いて」
という気持ちになっていることに
気がつきました。

要は
同じようなことだなあと
思うんです。

そこには恐怖心があります。

指摘されたらどうしよう
と思ってすごく怖いし
だけど従ってしまうと
これが永遠に続く気がするし
という怖さからくる思考が
表に出る雰囲気の違いになっているだけなんだと
思うのです。

この意識だと
結局従っているのと
変わりない気がします。

そこに
「あなたと私は違う」
「変わってほしい」
という分断思考がある限り
対立してしまいます。

対立したときは
数の多いほうに
飲み込まれてしまいます。



「私はこれでいく」

というポリシーのようなものに
昇華しないと
「服従」を引き寄せるだけです。

対立思考を中和させ
ポリシーに持っていくためには
何が必要なんでしょう。

そんなことを
考えてみました。

ではね!














ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました