考えていることを意識化する練習

マンガ投稿

どこかの本で
「人間は1日に1万から6万ごとくらいのことを
考えている」というのを読んだことがあります。
で、実際にどうなのか試してみました。

実験方法は杜撰で単純なんですが
5分間、考えたことを
紙に書いていきました。
感じたこと、考えたことを
言語化したのです。
「洗濯しなきゃ、足が冷たい、車が通った
お腹の肉が気になる……」こんな感じで。

5分間に35事、考えてました。
女性と男性は違うと言いますが
女性なので、オーバーラップすることも結構ありました。
例えば、車が通ったと思って
車の音を聞きながら、夜ご飯何作ろうと考える
と言う感じです。

単純計算で35✖️12(1時間)=420
6時間睡眠として
420✖️18時間(起きている)=7560事
考えていることになります。

紙に書いてみると
「これ、どうでも良いんじゃない?」
とか
「また繰り返してる」
というのがよくわかりました。

こうやって意識化すると
「もっとこういうことを考えていたい」
とか
「こんな考え方をしたい」
という理想が生まれてきます。

ですが、理想を持ってしまうと
今までしてきた(今でもしている)思考パターンを
否定することになります。

これもバランスで
否定するのではなく
「このような思考回路になった経緯に理解を示しつつ
少しだけ新たなエッセンスを入れていく」
というステップを踏まないと
なかなか無意識は動いてくれないだろうな、
と思ったのでした。

書き出すのって
そのときはちょっとばからしく感じちゃうんですが
書き出し終わったあとも
じわじわと気付きが続きます。

やらないともったいないかもです。

ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました