家族の関係を変えるには

意識・無意識・プログラム

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

この1月で夫が
大阪転勤から戻ってくることになりました。

それで家の雰囲気が
一転したんですね。

良くいえば
賑やかになりました。
悪くいえば
落ち着かなくなった感じです。

家族というのは
会話や行動が
どうしてもパターン化します。

繰り返しと
インパクトが
パターンを作るので

家族は
その両方から
パターンを作り出しやすいのです。


で、数多くある我が家のパターンの中に
「娘と私が結託して
夫を影でディスる」
というのがあります。

これをすると
娘と母である私の絆が深まりますし
ストレス解消になるみたいです。

昨日
家に3人でいるときに
夫の言動がきっかけで
娘と私が結託する雰囲気が生まれました。

「早くパパから避難しよう!」
となって
二人で慌てて出かけることにし、
家の玄関を出たのですが

興奮した娘が
柱に思い切り鞄をぶつけました。

「ゴンっ」

と鈍い音がし
娘が「まずい」という顔をしました。

鞄のなかには
iPadが入っていたんです。


「何やってんの!?」
と言いながら
一気に自分の機嫌が悪くなっていくのを
感じました。


私のパターンに
「家族の誰かが
物を大切に扱わず
何かを破損すると
異常にキレる」
というのがありまして
無意識な私は
そのプログラム通りに
反応したのです。


「ごめんごめん」


軽く謝る娘に
もっとキレそうになる自分。

いつもだと
結構長く
機嫌が戻らないのですが

そこで気がつきました。

場に
気が上がるような雰囲気が
あることに
気がついたのです。


気が上がる
→ふわふわする
→調子に乗る
 →落ち着いていないので事故やトラブルに
  巻き込まれやすくなる

そんな構図が
読めました。


と考えると
このままこの雰囲気に乗っていたら
もっと大きな事故に
発展していたかもしれません。


家族で繰り広げているパターンをやめるには
ひとつひとつ
気づいていくことが
まずは大切です。

同じことをしていることに気づいたら
気づいている自分が止めていくしかありません。

それを繰り返していると
なりたい家族関係が
築けるようになるものなのです。


ではね!








と気が上がる

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました