新しい世界での考え方

日々のこと

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

先日、娘の大学から
一斉配信メールが来ました。

オミクロン株感染に対する
注意事項が書かれていたのですが

その中で
「不織布M以外のMはMではない」
という一文がありました。

言われてみれば
最近、不織布以外のMをつけている人が
極端に減った気がします。

もうそれに対する真偽とか
意味とか、意義とか
そういうことは
どうでも良いと思いました。

これを読んで

誰かちゃんとした人が
政治を変えてくれないかな
という依存思考が浮かんだり

署名活動して
私たち庶民が世界を変えていかなきゃ
とヒーロー思考が生まれたりしたんですね。

ですが冷静に考えてみると
どちらも今までの世の中の考え方という
気がしました。

誰かに引っ張ってもらうのも
誰かを引っ張っていくのも

ピラミッド思考に
なるからです。

愛と平和の世の中は
自分達一人ひとりが
自らの力を信じたときに
無理なく実現されていくものだと
思うんです。

新しい世界は
革命や改革によってもたらされるのではなく
まずは自分自身の妄想から
抜け出すことから始まります。

大きなことに
意識が向くというのは
一見心の広いことのように感じますが
階段を2段も3段もすっ飛ばしていて
自分の足元はゴミだらけ、という
地に足がついていない行動なのです。

まずは
世界のことはいったん横に置いて
自分自身に取り組むことが大切です。

急がず騒がず慌てず
自分ができることを
コツコツやってみるのです。

どこか遠くのあの人にも
自分と同じ
「周りの人」や「環境」があることに
意識を向けてみます。

その人のことはその人に
任せれば良いのです。

そして自分のことに
自分がしっかりと向き合います。

それが
あたらしい世の中での考え方
だと思うのです。


ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました