現実世界をもっと楽しんでみては、と思った日

日々のこと

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

先日、お友達が息子さん(大学生Aくん)を連れて
うちに遊びにきました。

で、Aくんが
VRゴーグルに興味を示したので
ゲームをやることになったんですね。

Beat Saberという
持っている刀でブロックをカットしていくゲーム
(説明が下手ですが😅)
なのですが
Aくん、結構ハマって
熱心にやっていました。

リビングで
友達と私がいるところでやっていたので
最初はちょっと恥ずかしそうに
動いていたのですが
盛り上がってきたら
動きが大胆になってきたんです。

1時間くらいやっていて
くたくたになったらしく
さすがに休憩したくなったようで
ゴーグルをとったんです。

息があがっていますが
表情はとても嬉しそう。

感想を聞いたら
「すっかりこの世の覇者的な気分になった」と
興奮気味でした。

VRゴーグルをつけると
360度、ゲームの世界に入れます。

しかもイヤホンをつけているわけではないのに
音が立体的に聞こえるんです。

二次元的なゲームツールより
数倍臨場感があると思います。

ですが
側(ハタ)からAくんを
見ていた私は
ゴーグルつけて
前後左右に動いている姿が
ちょっと奇妙に見えたんですね。

現実にいるのは
そんなAくん。

でも
そのAくんは
この世の覇者だと思っていたわけです。

VRの世界って
そんな感じだと思うんですね。

つまり
仮想世界(VR)の中で
いくらこの世を征服していたとしても
それは現実ではないのです。

で、これって
本当の現実世界でも
同じなのではないかと思ったのです。

実は
この現実世界も
VRの世界で

どっぷりそうだと思い込んでいる世界は
仮想現実かもしれない。。

前にも書きましたが
そうではない確率は
10億分の1だと
イーロンマスクも言っているのです。

そう考えたら
もっと自由に
この世界を遊んでみても
良いのではないかと思ったのでした。


最後までお読みくださり
ありがとうございます。

今日も素敵な1日を
お過ごしくださいね。


ではでは!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました