思考の渦に巻き込まれない

マンガ投稿

(ちょっとリブログ、漫画足しました)
今日は
「自分の思考回路についての考察と
それを選択する意思を持つにはどうすればいいか」
というお話

先日、ある方の動画を見ていたら
思考の話をされていました。

「思考やマインド、自我というのは
 実態がないでしょ。
 それは風のようなものだから。
 止めればなくなるの。
 風はおさまれば空気であって実態がないのと一緒」

とおっしゃっていました。

それを聞いて
本当にその通りと思いました。
思考やマインドは
考え始めると流れが起こる気がします。
電気仕掛けの動力装置が動き出すような感じです。

その対流は
同じような思考をする人のマインドと合わさって
大きな風を起こします。

それがさらに合わさると
台風のように実態を表すのです。

宇宙規模で見ると
台風に目があるように
思考の渦にも目があるかもしれません。

不安の思考台風
楽をしようとする思考台風
恐怖の思考台風
後悔、過去に耽溺する、未来を憂いる

いろいろな台風があります。
あることを考えるということは
その台風に加勢することだと思います。

そしてその風に一回乗ると
乗れやすくなるのです。

何度も何度も
不安、不安
後悔、後悔と乗っているうちに
自分で考えなくても
自動的に乗れるようになります。

気がつくと
後悔したり
不安がっているのです。

現実世界では
「そういう思考を持つために」
出会いの縁がつながっていきます。

今、不安や恐怖の台風が
地球規模で大きくなっている気がします。

ひとりひとりの意思が
試されているのです。

本当に不安や恐怖や後悔を
自動運転していたいのか。

よく考えて
人間には意思があることを
思い出したいと思うのです。

思考やマインド、自我というのは
実態がないんです。
それは風のようなものなので
止めればなくなります。
風はおさまれば空気であって
実態がないのと一緒です。

自動運転してきたものを
いきなり手動に切り替えるのは
エネルギーも使いますし
意思力が必要です。
自動運転は楽なので
それを手放すのは
不安にもなります。

まずは
そこに意識を向けない
向けている自分に気づいたら
やめるだけです。
簡単に言いますが
簡単ではない。

ですが、
長い目で見た
自分のこと、地球のことを考えて
今できることを
選択する自分でありたいと思うのです。

ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました