何ごともほどほどに

情報過多な世の中で

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

最近NetflixやYoutube
Amazon Prime Videoとかが
大流行りですよね。

そういう私も
5年ほど前に
シナリオライターを目指していた時期があって
その頃
映画を3カ月で200本近く見ていたことが
ありました。

そのときは
あまり気づかなかったんですけど

映画って
ストーリーと映像で
視覚と聴覚、
思考と感情を刺激してくるので

暗い映画とか見ちゃうと
潜在意識にダイレクトに響くんですよね。

人間がパターンを作る時って
①繰り返すこと
②インパクト
ですから。

脳は現実とフィクションの
区別がつかないらしいので

何度も何度も
同じようなストーリーを追いかけ
インパクトのある音響や映像を見聞きすることで

自分の身の回りでは
ありもしない喜怒哀楽の激しい話を
自分の日常に
取り込んでしまう気がしたんです。

これって
思っている以上に
慎重にならないと
いけないことだと思うんです。

今考えると
映画ばかり見ていた当時
日々
ドヨーンとしていたというか
頭の中が
見た映画のストーリーの回想で
いっぱいになっていた気がします。

「今ここにいない
 ゾンビみたいな自分」

って感じでした。

映画は
普段ない感情を呼び起こしてくれたり
知らない世界を見せてくれたりして
視野を広げてくれるものですよね。

ですが
自分をなくして
飲み込まれるほど
のめり込むのは
控えた方がいいと思いました。

何事も適度に

そして
リアルの世界を
大切にするように
心がけたいなと
思ったのでした。

最後までお読みくださり
ありがとうございます。


素敵な1日を
お過ごしくださいね。


ではでは!










仮に、SNS上の何千何万人“フォロワー”や、 何百何千の“いいね”があったとしても、 たった一人と、深く心を通わせ、愛し、愛されないのなら、その人生は果たしてどれくらいの幸福度があるのか? 目の前の人と、心通わせよう。いつもそこから

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました