どんなものにも表裏がある

情報過多な世の中で

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

先日
「変えることはできないけど知ることはできる」の奥深さ
という投稿をしたのですが
そこでは
知ることの大切さに焦点を当てて書いたんですね。

ですが
知ることの弊害もありますよね。


インスタで
元カレが今の彼女との
匂わせ投稿をしていたり
Twitterで
恐怖を煽られるような
情報を目にしたり

知らなければ
心乱されずに済んだのに
と思うことって
よくあります。

物質、非物質に限らず
全てのことには
表と裏の側面があると思うんです。

(ここでは表と裏に分けますが、本当は
多面体で、良い悪いはない気がします)

知ることは大切だけど
知ることが弊害となることもあります。

「知る」というなかに
さまざまな側面があるんですね。


例えば恋愛において
バイト先が一緒のある人と
付き合うことになった時

実際に2人でいる時間が増えると
相手のさまざまな面を見ることになる訳です。

バイト先のカレは
優しくて丁寧で誠実そうだったのに
付き合ってみると
大胆で流行に流されやすくて軽い面があった
と気づいたとして

だんだんその面が
いやになるのか

その面も含めて
カレを好きでいられるか
って
その恋愛がうまくいくかの
ポイントだったりします。


まずはその人の
さまざまな側面を知ることは
大切ですよね。

知ることが増えると
自然と想像力が働き
その人のいろいろな面を
イメージすることができるようになります。

そうすると
自分自身のカレに対するセンスが磨かれ、
共感力が身についてきます。

これはいい側面ですよね。

ですが
知ることで
マイナス面も出てきます。

大胆で流行に流されやすくて軽い面があった
ということを知ることで
実は浮気症だったとか
不誠実な面もあることに
気づくことかもしれません。

でもそれを
しっかり受け止めて
話し合ったり喧嘩することで
お互いの気持ちを確認し合うことができて

初めてまるっと
その存在を受け入れたことになると思うんです。


これって
人に限らず

どんなことでも
言えるのではないでしょうか。

「知る」という概念も
良い面と悪い面を知り
使ってみて
弊害と恩恵を理解し、
また使っていく
 
これの繰り返しだと思うんです。

人って
こうして
理解できるものを増やしていくために
生まれてきたんじゃないのかな
と思ったりもします



なんだかエゴまみれな世の中ですが



とにかく
コツコツと
両面を理解する力を鍛えていきたいと
気持ちを新たにしたのでした。




最後までお読みくださり
ありがとうございます。

今日も素敵な1日を
お過ごしくださいね。

ではでは!




関係ないけど娘から〜💓💓💓

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました