問題提起をしないことで、ものの見方が変わった件

サンクスギビングワーク

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

今朝のワークショップ
タレントのDAIGOさん(ウィッシュのほう)の価値について
考えてみました。

私はこの方について
「祖父が竹下登元総理大臣」
「奥さんが女優の北川景子さん」
ということぐらいしか知識がありませんでした。

七光が強い感じがしていたんですね。

さらに
たまに陰謀論系の情報に
「ウィッシュの手つきが悪魔的」
「血縁がイルミナティ」
といった書き込みがされているのを見て
あまり良い印象は
持っていませんでした。

ですが
ワークショップ主催の
ソランさんが
DAIGOさんに
好印象を持っているということで
その理由を知りたいというのもあり
調べてみることにしました。

ウィキペディアの情報だと
すごいバックボーンを持った人だと改めて思ったんですね。

でもその中に

DAIGOと加山雄三が19親等の親戚とか
指揮者の小澤征爾が35親等の親戚とかとか

その他
何人も遠戚関係があるとの
記述があり

なんで35親等まで
遡れるの?

と、私の問題意識立ち上げ癖が
出てきちゃいました。

「いくらおじいちゃん元総理大臣でも
 そんなに遡れるもの?」

「なんだか怪しい」的なね。


で、いつもの自分なら
それをメンバーに伝えて
問題提起の方に意識を持っていくんですが

またいつもの癖が出てる
って今日は気づきました。


気づいたら言わない(今言ってるけど😅)


で、ニュートラルな気持ちで
「その癖をやめてみる」
というのをしてみました。


そうすると脳内で
問題意識を持った自分が
「深掘りしなくていいの?
知ることは大切だよ」
と、話しかけてくるんですね。

「確かに!」と
一瞬思うんですが
その誘惑に負けて
深掘りすると
嫌な気持ちになったり
詮索するような意識になったりして
決していい気持ちにはならないんです。

しかもそうやって手に入れた情報は
周りもいい気持ちにはさせないし
その情報が正しいかなんて知りようがないことなのに
優越感持っちゃって自分を孤高の人にさせていくだけなんです😅。


というわけで思い直して
彼の動画を見たりして
フィルターをかぶせず
知ることに意識を向けてみました。

で、彼の俳優としての一面や
歌手としての活動や
結婚会見の動画なんかを見ているうちに

最初に感じていた
七光で生きてる人
という印象は
だんだん変わってきました。

というかDAIGOさんの

「個性がありそうでなくて、
 何かを極めていそうでそうでもなくて、
 奥様だったりおじいちゃんだったりの威光をうまく利用しているように見えたり、
 それがチャームポイントだったり、
 それも実力だったり、
 そんなことぜーんぶ気にしていなさそうだったりするところ」に

「これからの自立」を感じたんですね。

今までの自立の意味って

「自分以外のものの助けなしで、または支配を受けずに、自分の力で物事をやって行くこと」(Oxford Languagesより)

みたいに「誰の力も借りずに」という認識が
強かったと思うんですが

これからの自立って
依存ではない支え合いがあって、
お互いを尊重し合い、
自分のできることを提供し合う関係性が
自立って呼ばれるようになっていく気がするんですよね。

っていうか
そんな世の中になってほしいと思います。

DAIGOさんの中に
そんな可能性を感じたのでした。

このワークをやると
最初の印象と
終わってからの印象が
結構変わります。

フィルターがとれるような
気がするんですよね。

「世の中にある全てのものには
価値がある」
その価値を感じるセンスを磨いていくと
自分の見える世界って
どんどん変わっていくと
思うんですよね。

これからも
コツコツと続けていきたいなと
あらためて思ったのでした。

もしこの活動に興味のある方がいらっしゃいましたら
ぜひお問い合わせくださいね。


ではでは最後までお読みくださり
ありがとうございます。

今日も素敵な1日を
お過ごしください。









ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました