群集心理について考察してみる

サンクスギビングワーク

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

今朝のワークショップ
「群集心理」について
考えてみました。

ハロウィンあたりから
なんとなく
人の勢いが
ちょっと度が過ぎているように感じまして

それがこの間の
サッカーワールドカップで
加速したような気がして
不安な気持ちでいました。

でもそんなことしてたら
飲み込まれてしまうので
しっかり向き合ってみようと思ったんですね。

精選版 日本国語大辞典「群集心理」の解説
ぐんしゅう‐しんり グンシフ‥【群集心理・群衆シュウ心理】

[1] 〘名〙 群集行動の中で起こる一時的な、または特殊な心理状態。多くは判断力・推理力が弱くなり、感受性や興奮性が強まり、無批判、無責任な言動が誘発されて付和雷同しやすい心理状態をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典

デジタル大辞泉「群集心理」の解説
ぐんしゅう‐しんり〔グンシフ‐〕【群集心理】

群集の中に生まれる特殊な心理状態。衝動的で興奮性が高まり、判断力や理性的思考が低下して付和雷同しやすい。

こういう集団で盛り上がっている場に行くと
人の目が
爛々としているような気がするんですよね。

まさに衝動的に何かされそうだし
興奮していて、判断力や理性的思考が低下しているように
感じます。

この状態の価値、、

うーん

連帯感を感じられて
結束力が高まって
ものすごいパワーが生まれそうです。

良い方に使えれば。

それと
1人じゃできないことが集団になることでできるようになる
というのもあると思います。

良い方に向けば。。

一時的に嫌なことを忘れることも
できそうです。

なぜならばその中に入ると
個が溶けて融合していくような
感覚があるからです。

中にいると
匿名性が高まり
自己の責任感が薄れ
集団の中の意図が優先され
個の意図は発揮できなくなりそうです。

結果として
社会的なモラルも低下しがちで、、

そこに恐怖を感じるんだと
改めて認識できました。

良い方に向かえば
良い行いがやりやすくなるメリットもあると思うんです。

ゴミ拾い(スペースワーク)って
1人でやっていると
恥ずかしいんです。

確かに集団でやると
気持ちも楽になります。

でもやらない理由は
今の自分が集団でやると
虚栄心のようなもので
やってしまいそうだからです。

集団でいると大胆になり、
1人ではできないことにも挑戦できるので
意識を望ましい活動に向けられる
可能性もあります。

ですが集団になることは
力を持つということなので
相当自分自身をしっかり持っていないと
自分が思ってもいない方向に
向かってしまう危険性も孕んでいるのです。

集団の中にある
ちょっとしたマイナス要素(ここでは虚栄心とか偽善とか)
に引っ張られやすくなります。

マイナスのエネルギーの方が強いからです。

それをしっかり認識した上で
集団にならないと本当に危険です。

単に個をなくすことは
超強力な諸刃の刃だなあ、
と思うのです。

自分はすぐに流されてしまうので
まだまだ集団で行動するのは
早いんだと「群集心理」を調べてみて実感しました。

これからもコツコツと
日々精進を続けたいなと
思ったのでした。

最後までお読みくださり
ありがとうございます。

今日も素敵な1日を
お過ごしくださいね。

ではでは!


ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました