即効で気分を変える効果的な方法

マインドエクササイズ

今日、駐車場のあるスタバに
車で行ったんですね。

でも、すごく混んでいて
駐車場内でエンジンを切って
待っていました。

ですが
なかなか空きませんでした。

やめようかとも思ったのですが
何台も待っていたわけではなく
次には入れるわけなので
やめるのを躊躇っていました。


で、
15分ほど待っていたら
一台車が出ていきました。
ホッとして
そのスペースに入れようと
エンジンをかけました。

すると
その間に入ってきた車が
そのスペースにスーッと
入れてしまったんです。

慌てて
その方のところに行って
「待ってたんです」
と言おうと手を軽く振りました。
50代くらいの主婦っぽい方でした。

「あの」
と言いかけたんですが
すごくムッとした顔をして睨まれてしまい
硬直しました。

そしてそのまま
その方はなんだかぷんぷんしながら
店内に入って行っちゃったんです。

なんだかあっけに取られ
呆然としてしまいました。

その後
ちょっと待っていたら
別のスペースが空いて、
無事入れられたのですが
だんだん
怒りが湧いてきました。

そうすると
その人に対して
いろいろな妄想が生まれてきます。

「どうしたらそんなことができるのか」
「きっとバチが当たる」
「反撃してやりたい」

などなど


思考を使って
物語を作り上げ
感情を使って
演出を始めたんです。

ちょっとした怒りが湧くときに
条件反射のようにやるパターンです。

ですが
片方で物語を作って
感情を動かされつつ
片方でこのパターンに飽きたよ
と言っている自分もいることに
気がつきました。

もう飽きちゃったんですね。
本当に😅

で、ちょっと冷静になって
考えてみたら

「日曜日のスタバ◯◯店」
という言葉に
「混んでいてなかなか駐車場が空いていない。
人々がイライラしている」
というイメージを持っていることに気がつきました。


昨日のブログでも書きましたが
言葉の中に
否定的な感情が張りついていたのです。

これでは
また次回も繰り返しそうだと思い
まずは対症療法を
取り入れることにしました。

「スタバ○○店」
この○○には硬い響きの音がくるのですが
「ハッピー店」に変えることにしました。

それだけで
気分が変わります。

ついでに
「ムカつく」を「喜び」に
「おばさん」を「癒し」に変えました。

言葉を変えただけで
こんなことで感情を掻き乱される自分に
アホらしさを感じてきました。

内側の思考も感情も、
来ては去っていくものです。

これらは流れる雲のようにやってきて
やがて消えていきます。

それなのに
どうしてそのひとつにしがみついて
物語を膨らませるんだろう。

さらにはそんな感情を持った自分を責めたり
そんな自分を批判したりするんだろう。

というか
そもそも
それらの感情や思考に対して
ジャッジすること自体が
間違っているんじゃない? とか。

感情は押し殺すものではないし
かといって
人に当てるものでもない。

そんなことを考えていたら
流れる雲のように
怒りがなくなっていました。

いつでも
自分の意識次第で
気分は変えられるのかもしれません。

無理はしませんが
なるべく取り組みたいと思ったのでした😀

ではね🤗🤗🤗!



ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました