ものに「名前をつける」ことが成功につながる

日々のこと

人間は人生の中で
さまざまな経験をしていくわけですが


いろいろな人を見て
同じように努力をしていても
成功する人、しない人
お金を得る人、得ない人
って別れるなあ、と思うことがあります。

まだ成功できてない人は 
 
『丁寧に生きる』 
 
が実践できてない人が
多い気がするんです。

それは
日常の細かい所作に表れます。


一見、人を大切にしているように見える方も
ものに対する扱いは雑だったりすることがあります。

そういう方って
最後の詰めが甘いのです。


そして自分を大切にしていないように
感じることもあります。

 
自分を本当に大切に思っている人は、
自分の時間や労力やお金を
使うことを最優先にしています。 
 
 
でも、雑に生きてる人は、
時間の使い方も、労力の使い方も、
お金の使い方も『雑』なんです。

結果、詰めも甘くなります。 
 

『丁寧に生きる』というのは、 
時間・労力・お金の使い方が丁寧だ、 
とも言えるかもしれません。

それは
今現在、ここにいる自分は
なぜ存在するのかを考えると
つながりをイメージしやすくなります。

過去の経験、
自分が選択してきたこと
その全ての結果が
今につながっています。

今の自分が
今ここにいるのは
過去にやってきた
準備の結果とも言えます。

そう考えると
一挙手一投足が
未来に影響するというのが
納得できるのです。

そう言いながら
自分では丁寧に生きるを実践している
つもりだったんですが
意識してみると
意外とものを捨てる時
捨て方が雑だったり
切り捨てるような態度だったりすることに気づき
ビックリすることがあります。

まずはものを丁寧に扱おうと思います。


ものを丁寧に扱うためのコツとして
「ものに名前をつける」
のは結構役立ちます。

人は名前のないものより
あるものの方を
大切にする傾向があるからです。

捨てる前でもいいので
名前をつけて
感謝して捨てるようにすると
自然と丁寧な所作をしているものです。

そんなことを心がけて
努力した結果を
達成できるように
生きたいと思ったのでした。

ではね!



ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました