人間が環境のためにできること

自分で考える方法

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。


AI技術が発達してきて
世の中の雰囲気として感じるのは
人間って
この地球上で
自分達が一番で、
なんでもできちゃうと
勘違いしているフシがあるということです。

本当なんでしょうか。

それって
とても認識力を下げる方向性だと思うんですね。


これからの時代
認識力を高めることが
地球に住む存在として
もっと必要になってくるのではないかと
いう気がします。

人間は
五感でものを認識していきます。


目に見えないもののことをトヤカクいうと
怪しい人だと思われますが


人間の目に見えるもの
というのは
とても限られていて
今、まわりに
目には見えていなくても
存在しているものが
たくさんあるわけです。

光の基本的な性質 | 光を学ぶ | Photonてらす
「PHOTONてらす」より

これは
ほかの4感覚
聴覚・味覚・触覚・嗅覚も
同じと言われています。


もしかしたら
イルカの方が
人よりずっと高度な
コミュニケーション力を
持っているかもしれません。


これは
鉱物や植物などでも同じです。


人間よりよっぽどすごい
能力を発揮しているかもしれません。


人間は
自分の人体のことも
まだほとんどわかっていないのです。

30年ほど前まで
なんの存在価値もないものと言われていた
盲腸は
今では腸内バランスをとるアンテナ的な
役割をしている可能性があると
言われています。

こういう機能は
たくさんあって
まだまだ解明されていないことだらけです。


そう考えると
精霊などの存在だって
いないという証拠は
どこにもないですし
いないと言い切ることは
誰にもできないはずです。


むやみに物を乱暴に扱ったり
無駄に動物を殺したり
場に対してのリスペクトがないことで
とても大きな罪を犯しているかもしれないのです。


私は
こういう気持ちを持つことが
まず大切なんではないかと
思うんですね。


見えなくても
わからなくても
そういう気持ちで対応する
という姿勢は
相手に伝わるのではないでしょうか。

その連鎖が
悪い方に進むとは
とても思えないのです。

認識力を広げるには
まず認識力が狭いということを
認識することがスタートです。


その上で
地球に存在する
種族のひとつである
という自覚を持って
すべてのものを大切に扱う姿勢が
世の中の発展に役立つのではないでしょうか。


ではね🤗🤗🤗!





ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました