地球にやさしい自分になる

情報過多な世の中で

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

今日は
お天気が良かったので
近所を散歩しました。


考え事をして
歩いていたのですが
ふと前方に明るいものを感じて
見上げたら↑
銀杏の木が
輝いていました。

まるで
「考え事なんかしてないで
ちゃんと見て〜!」
と言っているようでした。

思わず「ごめんごめん」
と呟いてしまいました。


普段、歩いているとき
たいしたことを
考えてもいないのに
つい条件反射的にやってくる
思考に意識をとられてしまっています。

今日も
いつものように

「家帰ったら仕事の返信しなきゃ」とか
「部屋の片付けしよう」とか

帰ってから考えればいいことに
意識を奪われているところでした。

銀杏の木は
なんの音も立てず
ただそこにいたのですが

なにかを主張していて

それに
自分が無意識に反応し
顔を上げたような気がします。

金色に輝く銀杏の葉は
傾きかけた夕日に当たって
本当にキラキラしていました。

2021年の秋の銀杏の木を見るのは
これが最後だったかもしれません。

こうして
自然や動植物は
常に
人間に何かを語りかけているのかも
しれないですね。


目の前に広がる景色や
周りにいる全ての存在に
もっと意識を向けて
存在の声を聴く力を
つけていきたいなと思ったのでした。

それが
本当の
「地球にやさしい」
という意味なのでは
ないでしょうか。


ではね🤗🤗🤗!







ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました