回復を早くするには捉え方を見直すことが大切かもしれない

おすすめグッズ

いつもお読みくださり
ありがとうございます✨

真辺です。

昨日、転んで股関節を痛めた
という話を
書いたのですが

今までにない回復力で
転んでから3日目にして
歩くことに関しては
支障なくできるまでに
なりました。

なぜ今回は
回復が早かったのか
考えてみたのですが
音叉を股関節のツボに
当てて音を鳴らす
というのを暇な時に
やっていたのが
大きかったのではないかと
思っているんですね。

というか
それしか今まで怪我をした時に
行っている治療法との
違いはないんです。

もともと
音が体に与える影響って
大きいのではないかと
本を読んだりして
学んでいたのですが
先日、528Hzの音叉を購入してから
そのことに
確信を持つようになったんです。

これは
In Deepというブログを書いていらっしゃる
岡靖洋さんが音叉について
投稿されていたのを読んで
興味を持ったのがきっかけでした。

この記事を読むと
音というのは
人間が思っている以上に
身体に影響を及ぼすもののようです。

「耳から入った音は、
脳へと伝わり、全身に影響を及ぼします。
自律神経系に作用して、
心拍や血圧が変化し、
興奮や鎮静、リラクゼーションなどの効果が
もたらされます。
同時に、心の状態にも影響を与え、
感情、知覚、認知を活性化させることが分かっています」
(サワイ健康推進課ホームページより)
と一般的(?)なホームページにも書かれています。


そんな音の中でも
528Hzの音は
「DNAを修復する」と言われているんです。

こう聞くと、
途端に怪しくなってしまいますし
プラセボかもしれません。

こういったことって
証明のしようがないので
信じるか、信じないかの
話になってしまいます。

ですが実際に音叉を患部近くのツボに当ててみて
確実に治りは早かったように感じます。


でも早く体が回復するなら
信じて動けるようになった方が
いいように思います。

人それぞれ個人差はあると思いますが
捉え方をポジティブにするというのは
ツールを最大限に使いこなす
一番のポイントかもしれません。

ではでは🤗🤗🤗!









ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました