自分で考えるとはどういうことか

自分で考える方法

先日、仕事仲間の
Yさんと
ワク○○の話になりました。

いろいろな情報を
共有していたので
まさか打つとは言わないと思ったのですが

なんと予約をしていました。

今治験中だとか
副反応の方がひどい話とか
遺伝子組み換えだとか
もう一度説明したのですが

彼女から返ってきた答えは
「上層部の人たちの中には
悪い考えの人もいるかもしれないけど
ワクチンを開発した現場の人々は
本当に命を救いたいと思って作ってくれたんだと思う。
人口削減のためだなんて
話が飛びすぎじゃない?」
ということでした。

私が話した話を
なんにも聞いていなかったかのようだったんです。

なぜそういう反応になっているのか
考えてみました。
すると
「ワク○○はまだ作られたばかりで
効果は未知数だけれど
良かれと思って作っているはず」
という性善説一択から考えていることに
気がついたんです。

この枠の中から考えていると
他の可能性を考えると言う思考に
至らないのではないかと思うのです。

もちろん
この考え方は
とても素敵な考え方です。

ですが
性悪説もあるんだ、
という考えを受け入れて
初めて俯瞰した視点で物事を捉え
自分で選択することができるのでは
ないかと思うのです。

「どんな人でも
心の中に善意はあるはず」
という思い込みは
視野を狭くしてしまいます。


性善説もある
性悪説もある
その上で
自分はどうしていくかを
決めていくことが
「自分で考える」
ということだと思うのです。

ではね!







ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました