似合う色はその色?

自分で考える方法

昔、ビジネスマナー講師をしていたとき
カリキュラムに
「あなたに似合うカラーを知ってビジネスに生かす」
とかいう理由で
参加者の方に
カラー診断をしていたことがありました。

で、そのとき自分も
その道の専門の方に
パーソナルカラー診断をしてもらったんですね。

その流派(?)のカラー診断は
「髪の色、目の色、肌の色などをみながら
いろいろな色の布を顔のそばに当てて
それぞれの方の似合う色を
春、夏、秋、冬のカラーグループに分けていく」
というものでした。


私のカラーグループは「秋」で
黄色でも銀杏っぽい黄色とか
赤も紅葉のような色が似合うとの
診断だったんです。

で、それからというもの
「秋色」を意識して
洋服を買うようにしていました。

でもある日
娘と洋服を買いに行った時
「なんでいつも洋服選ぶとき
おばさんっぽい色にするの?」
と言われたんです。

そう言われ
「昔、この系の色が似合うと
カラー診断士さんに言われたから」
と反撃(?)したのですが、
そう言いながら
鏡をよく見てみると
確かに枯葉をまとっているようだ
と思ったのです。

結構ショックでした。
冷静に見たら
学芸会で「枯れ木B」っていう役を
やっているかのような
コーディネートでした。。

そこで今まで選ばなかったような
ショッキングピンク(って死語ですよね)のスカートとか
真っ白いブラウスなど
いろいろ試着してみたんです。

そんな色を選ぶのは10年以上ぶりでしたが
そういった色を着た方が
断然イキイキとして見えたんですね。

今まで何をしてきたんだろう
と催眠術から解けたような気になりました。

このように専門家と言われる人に
何かアドバイスをもらうと
完全にそれが正しいと信じ込んでしまうことって
あると思うんです。

そうすると
他の選択肢が提示されていても
気づかなかったり
そんなはずはないと否定したりして
「自分で考える」という発想が出てこなくなります。

思い込んでいる時は
なかなか気づけないのですが
常日頃から
「なぜ自分はこれをしているのか」とか
「今この人はなぜそう言ったのか」ということに
疑問を持つようにしておくと
「今」本当に大切なこと(ここでは似合うもの)に
気づけるようになると思うのです。

思い込みから解放され
本当に好きなことやものに
囲まれて生活したいですよね。

ではね!






ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました