対立構造を理解する

悟りとか目覚めとか

ちょっと前に
デパートで
新生児の赤ちゃんが
Mちゃんをしているのを見て
そのことを
ブログに投稿したことがあるんです。
(削除しました)

そうしたら
複数の匿名のアカウントから
それを批判する
メールをいただいたんですね。

で、
そのようなつもりで書いた記事ではなかったのですが
そのように取られることもあるのだと
申し訳なく思い
それぞれの匿名さんに
お詫びのメールを書いたんです。

それから
安易に世の中を批判する記事を
書くのはやめようと
気をつけるようになりました。

ですが、後日
ある方から
「それアルバイトよ。
Mちゃん否定するブログやSNSに
反論のメールを送って
発信者からメールバックがあると
どこかから1000円か2000円の
お金がもらえるんだから」

ツイートを見せてもらいました。

それを見た時は
ちょっと愕然としました。
なんかひどいな、と
単純に思いました。
ですが
どこかでホッとした部分もあったんです。

おおもとが
なんの目的でやっているのかは
計り知れませんし
こんなことでお金をもらえることを
続けることが
どうなのかとも思いますが

このメールのおかげで
自分自身の批判的精神に
加速がかからなくなったのは
間違いありません。

もし
あのまま誰にも否定的な意見を貰わなかったら
批判的な記事をちょいちょい書いていたと思います。
そうすると次第に
無意識下でその意識は過剰になり
社会に対する対立意識を明確にしていたかも
しれないのです。


対立の先にあるものは
戦いでしかありません。

なにかあれば
対立する、
戦う、
どちらが正しいかを主張しあう
という考え方は

彼らと同じ土俵にいるということになり、
彼らとの絆をより強固にしてしまいます。

常に陰陽の組み合わせだからです。

被害者がいれば
加害者がいる

批判する者がいれば
批判される者がいるわけです。

ここから出るには
自らが
質を変えていくしかないのです。

つまり
彼らの反対側の存在(質)
にならないようにするしかありません。

そうすれば
自然と引き合わなくなるのです。

逃げるのではなく
理解して(自然と)離れる

そのことに気づけたのは
本当にありがたいことだと
思ったのでした。


ではね!













ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました