人生は設定次第

スペースワーク@吉祥寺

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます😊

昨日,スペースワークの帰りに
コンビニ案件と同じようなことが
起こりました。

家のマンションに帰ってきたら
ちょうどごみ収集車が来ていたんですね。

正直タバコ臭いゴミ袋を家に持って帰るのが嫌だったので
ラッキーと思って

「これ、お願いしてもいいですか」

と市の職員さんにお願いしたんです。

そうしたら

「ダメです」

って言われたんですよ。

武蔵野市は燃えるゴミを緑のゴミ専用有料袋に入れないとダメなんです。

「有料袋に入れていないものは受け取れません」

ということでした。
で、事情を話したんですが
それでもダメの一点張りだったんです。

でもまだマンションのゴミは回収中で
袋がたくさん積んでありました。

中には中身がスカスカな袋もあったんです。

で、
「この中に入れればいいですか?」

と聞いたら

「ダメです。勝手に人のゴミ袋に入れることは
 不法投棄になります」

って言うんです。

正直、相手が人間なので頭にきました。
AIならば諦めがつきます。

ですが議論しても仕方ないと悟ったんです。

この人は変わらないな、と。

で、気づいたんですね。

そういうルールのゲームに参加しているのに
無理言ってるのは自分の方だとーー。

諦めてダッシュで部屋に戻り
緑の袋に入れて戻り、無事収集してもらいました。

しばらくとてもモヤモヤした気持ちでいっぱいだったんですが
自分が展開させている世界だということも
なんとなく感じてたんです。

「良いことをしている自分は多少のことを多めに見てもらえる」

という甘えが態度に現れていたと思うんですよね。

それを感じたから
職員さんは頑なな態度に出たような気がしました。

まるで「連続で同じような目に遭って
まだ気づかないのか」って言われてるみたいでした。

誰に?

ゲーム設定者かもしれないし

魂かもしれないし、守護霊かもしれません。

そんなふうに考えたらと
感情に振り回されなくなってきました。

本当に
自分で無意識に設定しているような気がしました、
そんな環境を。

何度も味わった同じ感情を抱かせるために
作られた世界だと思ったんですよね。

「良いことをしている自分は多少のことを多めに見てもらえる」
という甘えが、世界からしっぺ返しを喰らい
全部自分のせいなのに怒りが湧くーー。

こんなパターンです。

これ、何回繰り返してきたかわかりません。

繰り返したから
無意識のパターンになって
定期的に人生に登場するんです。

もうちゃんと出来事に向き合おうと思いました。

「波の発信者は誰なんだろう」
「その人はどんな意図でその流れを作ろうとしているのだろう」

そこに意識を向け、答えを導き出し、
その上で感情に流されないことを選択しよう。。

そんなことを考えさせられた出来事でした。

最後までお読みくださり

ありがとうございます。

今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。

ではでは!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました