世の中の波に流されそうになった時、役に立つ2つのこと 1

サンクスギビングワーク

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

最近、
急に何かに乗っ取られたように
怒る人や

自分のせいじゃないと
自己弁護を過剰にする人

突然立ち止まって
ボーッとする人

それを見たら相手がどう思うか
考えていないような
無配慮なSNSの投稿をする人、などを
立て続けに見かけました。

なんだか
世の中こんなんだったっけ?
って思うくらい
極端な人を見るんですね。

どのシーンを思い出しても
心がザワザワして
感情が揺り動かされます。

ついそのまま
感情の波に流されそうになるんです。

恐怖を感じたり
不安に思ったり
不審に思ったり
怒りが湧いたり

それって
磁石のプラスとマイナスのように
引き付けられるものだと思うんです。

引き付けられるものが
多ければ多いほど
磁力は増しますよね。

無意識に引き付けられて
感情の渦に飲み込まれるということは

自分が大きな渦や波を作るのに
加担していることに繋がると思うんです。

そんなことを
したくないと思うのなら
関わらないのが一番です。

でも磁力って
強いですから
油断すると
すぐ飲み込まれてしまいます。

こういう時、
アーシングサンクスギビングワーク
役に立っています。

アーシングは
先日ブログでも紹介しましたが
地球とつながりを感じていると
まるで自分から
地球の中心に錨を下ろしたような感覚になり
波に流されにくくなるんです。

人間は静止しているときは
地球を意識しやすいのですが
立ったり歩いたりしている時って
すぐに意識がとんでしまうらしいんですね。

なのでスペースワークなどの時に
一歩一歩しっかり踏みしめながら
歩くように意識しています。

そうすると
本当にいろいろな感情に
飲み込まれにくくなる気がします。

で、歩く時
必ず「股関節」から足を動かすことが
大切なんだそうです。

両手を大きく振るのもNG、
かかとから強く着地するのもNG
腰をひねって歩くのもNGだそうで

昔の武士のような歩き方がベストなんだそうです。

この方↑
日本人でないのに
日本人より武士歩きを極めています。

なかなか
この歩き方を街中でするのは
勇気が要りますが
意識するだけでも違う気がします。

歩き方に意識を向けている時
自然に地球にも意識が向きます。

感情を揺さぶられるような
出来事を目にした時
ぜひこの歩き方を思い出してみてください。

それだけでも
流されにくくなると思います。


サンクスギビングワークについては
次回に続きますね。

最後までお読みくださり
ありがとうございます。

今日も素敵な1日を
お過ごしくださいね。

ではでは!




ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました