良い言葉を穏やかに

ことだま

以前のブログ
ことだまのチカラと
良い言葉を穏やかに口にする大切さについて
書いたのですが

なんだかんだで
全然できていないことに
気がついてしまいました!

きっかけは
言葉に気をつけるだけでなく
せっかくだから
ものも大切に扱おう
と思って実践している時でした。

自分では
ものの扱いは丁寧だと思っていたのですが
注意していると
ゴミを乱暴に捨てていたり
足で扉をガンと閉めたり
肘を使ってものをよけたり
意外と雑な動きをしていることに
びっくりしたんですね。

所作が雑なのに
丁寧な言葉遣いや
穏やかな話し方なんて
できていないはずなんです。

言動と行動は
ほぼ一致するからです。

わずか数%の顕在意識は
穏やかになった(変わった)つもりでしたが
98%を司る潜在意識は
何も変わっていなかったようです。

で、物の扱いを丁寧にして
言葉遣いも穏やかにしていると
ノリでふざけるとか
大笑いするというのも減ってくるんです。

娘が
「なんかママっぽくない」
と言い出し
「病気なんじゃないか」
と疑い始めました。

仕方がないので
説明したのですが

「大笑いすることがなかったら
楽しくないじゃん」
という話になりました。

この地球上に生きている限り
二元論からは
離れられないと思うんですね。

めっちゃ嬉しいがあれば
めっちゃ悲しいもある

間を取ると
波風がなくなる

実はそれも楽しくないと
どこかで思っているのかもしれません。

ですが
これからは
穏やかに生きることが
世界貢献のような気もするのです。

感情というのは
伝播します。

落ち込んでいる人が
感情を周囲の人に吐き出すと
周りの人まで
気分が悪くなったり
落ち込んだりすることがあります。

落ち込んでいる人に相談を受けたら
その人はそれによって
一段成長しようとしていると
いう目で見て
回復するのを見守るエネルギーで
接しなければならないと思います。

決してもらっちゃ駄目だし
それは相手のためにも
地球のためにもならない。

感情は伝播し、
同調する人が多ければ多いほど
増幅し、広がっていきます。
それは回りまわって
どんな大きさになるかわかりません。

それが地球の裏側で
たくさんの人を傷つける結果に
なるかもしれないのです。

そんなことに思いを馳せ
キャラ変かもしれませんが
これからも
ものは丁寧に扱って
穏やかに話せる自分でいこうと思うのでした。

ではね!







ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました