自己免疫力を上げるシンプルな方法

自分で考える方法

今、
自分の免疫力を上げることって
とても大切ですよね。

それには
自分には自己免疫力が
備わっている
と自覚することが
大切なんだそうです。

でも
わかっていながら
すぐ心配、恐怖の感情や思考が生まれてきます。

例えば
仕事が立て込んで
疲れていたりすると
腰が痛むことがあります。

腰が痛んだ瞬間
自動的に
「何か変な病気なんじゃないか」
「腎臓が悪いのでは」
などと考え始めることがあります。

ですが
このとき
「体に意識を向けていなかったな」
とか
「無理は禁物と教えてくれているんだ」
というように腰に意識を向けるような
思考に変えると
途端に体と対話ができるようになり
自然と体の使い方を気をつけたり
休息を取ろうとし始めます。

そうすると
気がついた時には
腰の痛みが
消えているものです。

病気とは
その可能性を
外からの情報でつくり出し、

そこに自分が同意して
エネルギーを与えてしまったものです。

「心配という考え」を、
あとから表面的に取り入れただけなのです。

自己免疫力は
考え方を変えることで
意外と簡単に取り戻すことができます。

このとき
自動的に悪い方に考えたことを
責める必要はありません。
ただ頭をブルブルと犬のように振って
キャンセルすれば大丈夫です。

その上で
体と対話できるような思考を
してみてください。

つまり自己免疫力を
取り戻すために
「痛み」というのは
とても大切な道標になるのです。

「痛み」を嫌がらず、怖がらず
ありがたいツールとして活用していくと
(なるべく早い段階で気づいて)
自然とすべての感覚・感情が
自分の免疫力に気づくために
あることがわかってきます。

そのとき
自然と自分には自己免疫力が
備わっている
と自覚しているものだと思うのです。



ではね!

ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました