家族ゲームから感情の仕組みを理解する備忘録

親子関係のつぶやき

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

今回は久々
娘との家族ゲームについて
お話ししたいと思います。

完全に備忘録ですので
答え出てません。

ご了承ください(笑)

人間関係で
なんだかいつもやってしまう
パターンってありませんか?

私は高校生くらいから
みんなで一緒にバカ騒ぎをしていたのに
最後の一言を言って
自分だけ誰かに怒られる
というパターンを
繰り返しています。

ホームルームの時間に
仲良しメンバーで
騒いでて
最後の一言を言っていたのを
先生にとがめられ
自分だけ教室の外に出されるとか
そういうことを繰り返しているんですね。

もうウン十年以上
定期的に遭遇するパターンです。

で、最近ないなと思ってたんですが

娘との間で
繰り返されていることに
気がついたんです。

今朝、
娘が所属しているダンスサークルの
衣装の試作品が家に届きまして
それを開けたら
どうも喪服っぽくて
とても踊りの衣装には見えなかったんですね。

で、娘が文句を言っていました。
で、私もそれに乗じて一緒に文句を言っていたんですが

突然娘が
「そこまで酷い? 言い過ぎじゃない?」
と言って私に向かってキレだしたんですね。

いや、一緒に言ってたじゃない?

どゆこと?
って感じなんですが

その時は
そんな嵌められている(笑)って
気づかないんです。

で、そう言われたときの
自分のパターンってのが
「卑屈な表情を浮かべる」
というのでして

ちょっと拗ねて
ため息をついて
おとなしくなるんですが

そうすると娘が
「何ふてくされた表情してんの?
自分が悪いんじゃん。言い過ぎだよ。ひど過ぎる」
と言って責めてくるんです。

そうすると
反論したくなるんですが
反論すると大喧嘩になるので
我慢して
怒りを抱えたまま
別なことをするんです。

そうすると
ちょっとしたこと
例えば娘の食器が洗われていないとか
そんなことで私がキレて
また言い合いになって
本格的な喧嘩になるという

なんともくだらない家族ゲームが
完全にパターン化しているんです。

これって繰り返しているので
なかなか強固で
やめたいけど
なかなかやめられません。

一体どうしたらいいんでしょう。


初めに怒りがあるんですよね。

それは
もともと
衣装の試作品が酷かったことに対する
怒りですよね。

で、娘はそれを
私に当てているだけなんですが
私もまんまと乗ってしまうんです。

それは
自分の「調子に乗って言い過ぎてしまう」
という長年持っているパターンが
影響している気がします。

気づいても
そのときになると
もう口が勝手にしゃべってしまい
勝手に卑屈になり
勝手に感情が沸き上がってきます。

これって
この波に乗ってからじゃ
遅いんですよね。

波に乗らない
ってことが大切だとは思うんですが、

今回の事例でいうなら
まず一緒に文句を言わない
というところですよね。

でもすでに怒りがあるわけで
娘はどこかで
私に怒りをぶつけたいと思っているので
ここで回避できても
別なところで引っかかっていると思うんですよね。

次に可能性があるのが
娘が「そこまで酷い? 言い過ぎじゃない?」
とジャブを入れてきたところだと思うんですが

ここで気づいて波に乗らないのは
相当難しいです。

もう波に乗ってますよね。

怒りは出したいんですよね。

その欲望は
とても大きなエネルギーだと思います。


仕方ないですかね。。

対処法を考えても
それって西洋医学の頭痛薬みたいなものだと
思うんですよね。

そもそも頭痛の起きない体づくり
ってところがヒントなのかもしれません。

気がついたら
最近怒ってないな
ってことなんだと思うんですよね。

引っかからなくなるというか
喪服のような衣装にも
意味があるとか
「塞翁が馬」的に考えられると
いいのかもしれません。

備忘録でした。

最後までお読みくださり
ありがとうございます。

今日も素敵な一日を
お過ごしくださいね。

ではでは!









ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました