これが本当の「思考が現実化する」ではないか?

情報過多な世の中で

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

母が4年ほど前に他界したのですが
それから毎朝
「世界が平和になりますように
世の中がもっと良くなりますように」
というようなお祈りを
するようにしていました。

ですが先日
ある方のブログに

「あなたが世界平和を祈ることで
この世界
(世界平和を祈らなければならないような世の中)
が維持されるのです」

ということが書かれていて
愕然としました。

確かに
よく深層心理を突き詰めてみると
「世の中おかしい」とか
「貧困や差別のない世の中へ、つまり今それがある」
ということを前提として
祈っていたことに気づいたのです。

それは事実かもしれませんが
起点がそこにある意識で
祈り続ければ
その意識の世界観が
現実として活性化していってしまうのだと
思ったのでした。

つまり
自分の意識エネルギーが
おかしい世の中になっていくことに
加担していたのです。

それはネット上にあふれる
「世の中おかしいよね」
と思う情報と共に
大きくなり
力を増していきます。

ということは
今、世の中がおかしいと感じるのならば
そういう現実化を野放しにしてきた
自分に責任があることになります。

そのことに気がついて
4年も続けてきた
祈りの文言を変えることにしました。

おかしい世の中に
意識を向けるのではなく
世界を変えたいと
抵抗するのではなく

全く別の世界に
意識を合わせるような文言にしました。

不思議なんですが
そうしてみると
おかしい世の中から
力が失われていく感じがしました。

おかしい世の中の影が薄くなる
といったらいいのでしょうか。

そして代わりに
自分が思い描いた世界が
濃くなった気がしたのです。

まだ、頭の中のイメージですが
思考が現実化するって
こういうことなのではないかと
思ったのでした。

ではね!


ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました