循環の一部の存在としてできること

スペースワーク@吉祥寺

みなさま こんにちは

いつもお読みくださり
ありがとうございます。

今朝、スペースワーク
井の頭公園に行ってきました。

自宅から公園まで
まっすぐ歩けば片道15分くらいなんですが

ゴミも拾うし
写真も撮るし

アーシングのために土の上で体操したり
鴨と話したりして帰ってくるので

大体1時間くらいかかります。

始める前は
やめようかと
何度も思うんですが(寒くて、、)
帰ってきたら
行ってよかったと思います。

アーシングもスペースワークも
鴨と話すのも(つもり)
何だか地球に触れた感じがするんですね。

地球を感じる(つもりになる)と
とても精神が安定します。

そうすると
自分が地球という生命体の一部で
循環の役割を担っていることを
思い出すんです。

人間も花と一緒で
種が発芽して
大きくなって
花が咲いて
実をつけて
枯れて
腐って土に戻っていくーー。

地球という大きな生命体の
循環の一部を担っているという意味で
一緒だと思うんです。

一般的には
良いことを考えていれば
良い循環の一部になり
悪いことを考えていれば
悪い循環の一部になりそうですが

サンクスギビングワークをやるようになって
良いも悪いも
捉え方だと思うようになりました。

大体「良い」と思った時点で、
正反対のエネルギーが発生するもので
物事は常に表裏一体で存在しているんじゃないでしょうか。

だからどんなに「良いこと、もの」でも、
何かの拍子で裏の勢力に
置き換わっていることがあると思うんですよね。

でも見た目がそっくりなので
気づきにくい。

だから、良い悪いを決めつけないで
目の前に現れてくるものの価値を
淡々と見て、関わっていくということが
大切だと思うんです。

大切というのも
大切じゃないものを生み出しますが。。

それも踏まえた上で
常にただ、そのものの価値を捉えること。

それが地球の循環の一部の存在である人間に
与えられた役割だと思うんですよね。

循環の一部として機能している時
全ての存在に
感謝しか無くなってくると思うんです。

まだまだ
その境地には
達しようもないのですが

そんな世界があることは
念頭に置いていたいなと
思うのでした。

最後までお読みくださり
ありがとうございます。

今日も素敵な1日を
お過ごしくださいね。

ではでは!






ことだまのチカラ 読者登録

ご登録いただけますと、ことだまのチカラの最新情報をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました